トリキュラーを手に入れる方法を考える女性

トリキュラーは正しい使い方をすればほぼ100%避妊することができる低用量ピルです。では、トリキュラーはどこで手に入れる事ができるのでしょうか?こちらで購入方法など紹介します。

トリキュラーの母乳への影響と生理5日後の服用

トリキュラーは生理初日から服用するのが正しい使用法ですが、5日後になると効果がなくなるのでコンドームなどで避妊をしなければなりません。トリキュラーなどの低用量ピルは21日間服用を継続することで避妊を可能にするので、飲み忘れや間違った飲み方をしていると効果がありません。トリキュラーは母乳に成分が含まれますが、服用を中止して5日後には成分が完全に消失するので、母乳を必要とする場合には服用を中止して5日後から母乳を与えなければなりません。トリキュラーは低用量ピルなので安全性が高いのですが、女性の体を少しずつ妊娠している状態に近づけるので、血栓症などのリスクが高まります。インターネットでも低用量ピルのジェネリック医薬品を手に入れることができますが、使用方法を間違えると避妊効果が発揮できずに血栓症などのリスクだけが高まることになります。トリキュラーは生理の初日から21日間服用を続けることで避妊効果が持続するのですが、飲み忘れなどがあると効果がなくなるので、次の生理が来るまでコンドームなどによる避妊をしなければなりません。コンドームは男性の避妊方法として1番メジャーなものですが、実際には避妊率が70%程度なのでコンドームを正しく装着しなければ妊娠する可能性は高まります。またトリキュラーを飲み忘れた場合に女性の膣内に入れるタイプの避妊薬がありますが、これに関しては使用方法が難しいので、子宮の入り口までしっかりと入れなければ避妊効果が発揮できません。これらの避妊方法を併用することで避妊率を向上させることができますが、トリキュラーなどの低用量ピルの避妊率には及ばないので、正しく服用して確実な避妊をしなければなりません。