トリキュラーを手に入れる方法を考える女性

トリキュラーは正しい使い方をすればほぼ100%避妊することができる低用量ピルです。では、トリキュラーはどこで手に入れる事ができるのでしょうか?こちらで購入方法など紹介します。

トリキュラーを病院でもらうことは出来る?

トリキュラーは、人気の高い低用量ピルです。第二世代の3相性ピルで、ホルモンの量が3段階に変化しており、不正出血が少なく、休薬期間中に生理(減退出血)がきちんと起こるという特徴があります。日本で一番普及しているので、ほとんどの病院で処方してもらうことができます。
トリキュラーを服用する際に注意したいのは、シートに記載されている数字の順に錠剤を飲むことです。成分が3段階に変化しているので、赤褐色の錠剤6錠、白色の錠剤5錠、淡黄褐色の錠剤10錠からなり、トリキュラー28はさらにプラセボ錠である大き目の白色の錠剤7錠があります。シートには、数字と矢印が印刷されていますので、必ず順番通りに服用してください。
また、他の低用量ピルと同様、毎日1錠を同じ時間に飲むようにします。朝起きたときや夜寝る前など、時間は自由ですが、体内のホルモン濃度が一定になるように、同じ時間に飲むことが大切です。自分の生活のリズムに合わせて、飲みやすい時間を決めてください。
トリキュラーを服用中に、市販の薬を併用しても問題ありませんが、医師に処方してもらうテトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質は、トリキュラーの吸収を妨げて、避妊効果が低下する恐れがあります。これらは、処方される機会の多い薬剤なので、診断時にトリキュラーを服用していることを医師に伝えておきましょう。
サプリメント等で注意したいのが、セント・ジョーンズ・ワート(西洋オトギリソウ)です。こちらもトリキュラーの避妊効果が落ちるという報告がありますので、注意が必要です。ダイエット茶などにも含まれていますので、健康食品等を摂る場合には、成分を確認するとよいでしょう。